【水曜どうでしょう】藤村さんってどんな人?名物ディレクターをご紹介! | テレスマ!

【水曜どうでしょう】藤村さんってどんな人?名物ディレクターをご紹介!

水曜どうでしょう

北海道発の人気深夜番組「水曜どうでしょう」

水曜どうでしょうの見どころの一つといえば、大泉洋さんとディレクターの掛け合いがあります。

大泉さんと時には喧嘩したり、プロレスごっこをしたりしているディレクターは藤村忠寿さんと言います。

今回は、水曜どうでしょうのブレーンとも言える藤村ディレクターをご紹介したいと思います!

【水曜どうでしょう】藤村ディレクターについて

ここからは藤村ディレクターの基本情報をご紹介します。

プロフィール

生年月日:1965年5月29日
出身地:愛知県名古屋市
学歴:名古屋市立向陽高等学校→北海道大学法学部
所属会社:北海道テレビ(HTB)
愛称:藤やん、ヒゲ、大魔神、赤ヘル

ご実家は2014年まではお母さんが名古屋市内で喫茶店を営んでいました。

2001年に放送された水曜どうでしょう「対決列島」の中では、愛知県対決として藤村さんの実家を訪れて小倉トーストとミックスジュースで藤村さんと鈴井さんが早食い対決をしています。

HTBでの藤村ディレクターは?

水曜どうでしょうのディレクターであり、コンテンツ事業室兼編成局のクリエイティブフェローという肩書きを持っています。

水曜どうでしょう以外での仕事は芳根京子さん主演のドラマ「チャンネルはそのまま!」では制作に携わっていました。

HTB以外でも大活躍?

実は藤村ディレクターはHTBの社員でありながら、テレビ局以外で様々なことをしていたのです。

一般の会社員では中々考えにくいことですよね!

舞台俳優もやっています

ミスターこと鈴井さんが主宰している劇団オーパーツの公演に度々出演しています。

また、過去に大泉さんが参加していた劇団イナダ組の公演にも出演したことがあります。

ユーチューバーもやっています

同じく水曜どうでしょうで撮影ディレクターをしている嬉野雅道さんと一緒にYouTubeチャンネルを開設しています。

チャンネル登録者数40万人を超える人気チャンネルです!

このチャンネルではこれまでに元2ちゃんねる開設者であるひろゆきさん、人気声優の小野大輔さん、お笑い芸人のブラックマヨネーズの小杉さんが出演したことがありました。

いずれのゲストも水曜どうでしょうの大ファンなので皆さんいい表情で動画に出演しています!

オンラインショップの店主もしています

『藤村忠寿商店』という名前のオンラインショップで日本全国の様々な逸品を販売しています。

水曜どうでしょうでの旅で全国津々浦々回った結果、たくさんの人にオススメしたいものが出てきたのかもしれないですね!

【水曜どうでしょう】番組内での藤村ディレクターについて

水曜どうでしょうの番組内において、藤村さんは数々の伝説を作ってきました。

大泉さんとミスターというタレントが出演していながら、タレント陣に負けない面白さを持っています。

ここからは水曜どうでしょうにおける藤村さんの伝説をご紹介します。

甘いものが大好きすぎて大魔神になる

https://twitter.com/kenkenDF200_105/status/1203442013829419008?s=20

水曜どうでしょうの人気企画『対決列島』では、他の出演陣がドン引きするくらい甘いものを食べていました。

同行していた安田顕さんからは「親の顔が見てみたい」と言われるくらいでした。

この対決列島では、藤村チームが勝利して藤村さんは無事大魔神の称号を手に入れたのでした。

赤いヘルメットでカブに乗る

https://twitter.com/leader_1997/status/1069848325069856769?s=20

水曜どうでしょうの人気企画『原付の旅』シリーズにおいて、主に大泉さんがカブの運転が疲れてくると「赤ヘル登板!」で、藤村さんが大泉さんの代わりにカブの運転を始めます。

藤村さんがカブに乗るということは、大泉さんはカメラの向こう側に行ってしまうことを意味しています。

通常の番組では考えにくい、タレントではなくディレクターがカメラに映るという事態になるのです。

しかし、このことも水曜どうでしょうのファンにはお馴染みの光景で、むしろ待ち望んでいたりします。

タレントを寝かさない その①

水曜どうでしょうの企画『東北生き地獄ツアー』において、自室で寝ようとしている大泉さんを泥酔した藤村さんが「腹を割って話そう」と言って、寝かせまいとする名シーンがありました。

冬の寒い東北地方で体を張り、風邪を引いてしまった大泉さんは中々寝られず、翌朝5時に起床しなければいけなかったのでした。

タレントを寝かさない その②

2019年の水曜どうでしょうの企画『北海道で家、建てます』での一コマです。

真冬の北海道で、森の中に家を建てるという内容だったのですが、一行はテント泊をすることになったのでした。

寒くて寝られない中、藤村さんは寝袋に潜って4秒でいびきをかいて寝てしまっていたのです。

藤村さん以外は寒いし、いびきはうるさいしで中々寝られなかったのでした。

そんな番組の一番面白いシーンを持っていってしまった藤村さんは、その回のエンディングスーパーで見事主演の肩書きをゲットしたのでした。

https://twitter.com/usako73678703/status/1260861477885341696?s=20

水曜どうでしょうのレギュラー放送最終回では号泣

水曜どうでしょうのレギュラー放送の最終回はベトナムのハノイからホーチミンまでを原付で縦断するという企画でした。

最後ホーチミンのゴール地点に到着した途端に藤村さんは「俺もうダメだ!」と言い泣き崩れてしまったのです。

このシーンで藤村さんにもらい泣きしたファンは多数います。

よく見ると大泉さんも泣いていますね。

タレントとプロレスごっこ

2011年に放送された『原付日本列島制覇』でのことです。

1日の移動を終え、ホテルで食事をとりいい具合にお酒が入った藤村さんと大泉さん。

張り手の応酬から始まり、ついには大泉さんはドロップキックを藤村さんにかましたのです。

その様子を見たミスターも一緒に参戦したのです。

本人たちが楽しんでやっているとはいえ、タレントにプロレス技をかけるディレクターも中々いないのではないでしょうか?

まとめ

今回は、水曜どうでしょうのブレーン的存在である藤村ディレクターについてご紹介しました。

藤村さんみたいに番組のスタッフがタレント並みにテレビの画面の最前線に出る手法は、この水曜どうでしょう以降のバラエティ番組ではしばしば見られるようになり、人気番組となっているものも少なくありません。

また、ローカルテレビ局の番組が全国区の人気になるケースも水曜どうでしょうが大きなきっかけになっていると言っても良いでしょう。

水曜どうでしょうの藤村さんは、破天荒に思える場面もありながらも喋り出すと語彙も多く、頭の回転の良さがとてもよくわかると思います。

そんな藤村さんが番組を仕切っていることが水曜どうでしょうの人気の大きな要因の一つでもあります。

水曜どうでしょうを通じて、テレビ番組の新たな楽しみ方を藤村さんは視聴者に伝えているのかもしれませんね。

これからも藤村さんの色々な逸話を生み出しながら、水曜どうでしょうが長く続いていくことを期待したいですね!

この記事を書いた人
akanetannabe

水曜どうでしょうとTEAM NACSが好きで北海道旅行も好きになった主婦です。
アウトドアも趣味でキャンプへ行くのも大好きです。

水曜どうでしょう
テレスマ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました