「キットカット」が小さくなった?リニューアルでサイズ変更と値段の変化 | テレスマ!

「キットカット」が小さくなった?リニューアルでサイズ変更と値段の変化

ワープ

2020年9月14日にキットカットがリニューアルされました。

キットカットは誰もが知っている『ネスレ』が製造する定番のチョコレート菓子。

実は、リニューアルでキットカットは以前よりも小さくなっているんです。

キットカットはなぜ、小さくなったのか?気になる人も多いと思います。

今回はキットカットのリニューアルを受けて、キットカットが小さくなった理由を記事にしました。

キットカットが小さくなった理由

キットカット

キットカットが小さくなった理由として

  • 砂糖の摂取を控えたいなど、カロリーが気になる人でも気軽に食べてもらえるようにする為
  • 従来のサイズが大きすぎるのではないかという消費者からの声
  • 発売前に消費者調査を行い、製品サイズに高い評価を受けていたため

と、こういった理由をメーカーは述べています。

では小さくなった分の値段はどうなったのか?消費者の皆さんは気になるところですよね。

実際サイズは小さくなりましたが、キットカットの値段は変わっていないんです!

サイズを変更し、小さくなったのであれば値段も下げるべきではないかと思います。

スマ子
スマ子

今回値段は変わっていないのに、サイズが小さくなったというところに疑問が残ります。

次にキットカットの何が変わったのかを解説していきたいと思います。

レシピの変更

  • カロリーが気になるという消費者の意向を受けて、砂糖の量を10%減に変更
  • さらに砂糖の一部を「豆乳おからパウダー」「全粉乳」に変更

リニューアルにより上記のようなレシピ変更がありましたが、味に変化は感じられませんでした。

スマ子
スマ子

メーカーの言う通り『おいしさそのまま』での変更は好感が持てますね!

本当に好きな人であれば味の違いに気づくのかもしれませんが、私は気づきませんでした。

リニューアル前と同じように美味しく食べられたので、味に関しては満足です!

リニューアル後のキットカットを食べての味が変わったなどの声も聞かれないのでレシピの変更については成功だと思います。

味が変わることなく、健康的になったのは消費者にとっても嬉しいことではないでしょうか。

キットカットのサイズ変更

キットカットの長さ 4.5cm → 3.8cmに変更

キットカットの幅  変更なし

キットカットの重さ 11.6g → 9.9gに変更

今回のサイズの変更は「従来のサイズが大きすぎるのではないか」という消費者の声もあって、1枚あたりのサイズを1口サイズに変更したとメーカーは言っています。

食品栄養成分の変更(1枚あたり)

旧キットカット(11.6g) 新キットカット(9.9g)
lカロリー 64kcl 54kcl
たんぱく質 0.83g 0.83g
脂質 3.7g 3.3g
炭水化物 6.9g 5.5g
糖類 記載なし 3.9g
食塩相当 0.008~0.027g 0.007~0.022g
スマ子
スマ子

リニューアル前に比べてリニューアル後は重さが1.7gも小さくなっています。

小さくなってる分カロリーや脂質、炭水化物の数値が減るのも当然の結果といえます。

小さくなって悲しむ声や怒りの声が多数

キットカットが小さくなったことを受けて、たくさんの人から悲しむ声や怒りの声がありました。

スマ子
スマ子

様々な声がありますが、あくまでもカロリーを控えたいという要望に応えたとメーカーは説明しています。

まとめ

砂糖の量を減らして、カロリーが気になるという意向を受けてのリニューアルではあったが、本当の理由としては、今世界中にインフレが起きています。

物の値段が上がり、原材料も値上がりしているために取られた措置だと思っています。

値上げをしてしまうとマスコミに取り上げられ、消費者も値上げには敏感になっているため、こういったサイズをカットするという決断に至ったのだと感じました。

今後どの企業も価格を変えずに、容量を減らしていくという流れになっていくのではないのでしょうか?

消費者が今後値上げに耐えられないだろうと企業側も考えてのことだと思います。

それでもキットカットが国民に愛されているお菓子だと勝手にですが思っています。

キットカットが永遠にブレイクタイムのお供であり続けることを願っています。

この記事を書いた人
スマ子

当サイトではテレビやYouTube、メディア関係の情報をお伝えしております。

スマ子をフォローする
ワープ
テレスマ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました